スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

[ロンドンオリンピック・テニス] 錦織選手88年ぶりの1勝 タイブレーク制す!

ロンドン五輪第3日(29日)男子単1回戦で、五輪初出場の添田豪選手(27)は、

前日から持ち越しとなったバグダティス(キプロス)との対戦を第2セット途中から再開したが、

7-6、6-7、2-6で逆転負けだった。
 
伊藤竜馬選手(24)もラオニッチ(カナダ)にストレートで敗れてしまった。

しかし、第3日の同1回戦で日本のエース錦織圭選手(23)がトミック(豪州)に7-6、7-6で勝ち、日

本勢では1924年パリ五輪以来、88年ぶりの男子単勝利を挙げた。

テニスの聖地に立つ感激が、錦織の体を突き上げる。2セットともタイブレークにもつれた接戦。最後にトミッ

クのリターンがネットにかかると、右拳を握りしめた。初戦敗退した北京五輪から4年。日本のエースが雪辱を

果たす、白星発進だ。

本人は、

「先頭を切って勝てたのはすごくうれしい。日本を意識して戦い、いつもより誇りを持ってプレーできた」

と、コメントした。

 雨で3時間近く試合開始が遅れたばかりか、第1セットを取った直後に再び降雨により中断。試合終了までに

5時間を要した長丁場。午前6時に起床し、5度もウオーミングアップを重ねたが、サービスエースは12本を

数え、優位に立った。

覚悟はスタイルにも表れている。赤いシャツと白いパンツの「日の丸カラー」に身を包み、躍動した。自身の五

輪初勝利は、歴史の歯車も動かした。日本の男子単では1924年パリ五輪で8強入りした原田武一、福田雅之

助以来88年ぶりの男子単勝利。テニスはパリ五輪後、88年ソウル五輪で復帰するまで正式競技から外れてお

り、錦織は全く知らなかったそうで「いま知った」。そして、「一時の迷路から脱してリズムが生まれてきた。

自分のやれることをする」と使命感をにじませた。

4月下旬に左脇腹を痛め、5月の全仏オープンは大事を取って欠場。1カ月前に行われたウィンブルドン選手権

は3回戦で敗れた。四大大会で日本の歴史を塗り替えてきた男が、五輪でもその名を刻むかもしれない。

今後の錦織選手の活躍が期待できるかもしれない・・・。


錦織選手、凄いですね。

日本の男子は錦織選手のみしか残っていませんが、今後に注目したいです。


閲覧ありがとうございました



スポンサーサイト
[ 2012/07/31 18:57 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://taku31226.blog.fc2.com/tb.php/67-55dbde30














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。